脱毛クリームの種類

顔のムダ毛を処理するのに自分でできるもっとも手軽な方法は、カミソリで剃ることです。
この方法をとっている人は、男女問わず多いのではないでしょうか。
その他には脱毛クリームを用いる方法がありますが、こちらはまだそこまで認知度が高くないかもしれません。

 

脱毛クリームは、大きく2つに分けることができます。
そのうちのひとつが、アルカリ性のクリームを塗って、生えている毛を溶かす除毛クリームです。

 

ただし、除毛クリームで溶かすことができるのは、あくまで表面に出ている毛のみで、毛根までが取り除かれるわけではありません。
そのため、永久脱毛のように二度と毛が生えてこなくなるわけではないので注意しましょう。

 

もうひとつが、抑毛クリームです。
抑毛クリームには、肌に塗ることで毛を弱らせ、目立たなくさせる効果があります。
同じ効果を得られるものには、クリーム以外にローションタイプのものもあります。

 

除毛クリームはタンパク質を溶かすため即効性があるのですが、抑毛クリームはだんだんと毛を変えていくので、除毛クリームほどの即効性は期待できません。
また、個人差もあり、使い続けていても効果がでない場合もあります。

 

このように、脱毛クリームといっても毛根ごとムダ毛を取り除けるものはないため、永久脱毛と同じ効果は期待できません。
もし顔の永久脱毛をしたいと考えるなら、クリニックなどで医療レーザーによる脱毛を受けるのが、安全でなおかつ高い効果を得られます。

脱毛クリームには、大きく分けると2種類の製品があります。

 

ひとつが除毛クリーム、そしてもうひとつが抑毛クリームです。

 

顔の脱毛に使用するにはそれぞれにメリットとデメリットがあるため、その両方をきちんと理解したうえで、どちらを使用するかを決めましょう。

 

除毛クリームのメリットは、まずカミソリ負けの心配がないということです。
肌が敏感で、ヒゲ剃りのたびに血が出てしまう人もいるでしょう。
除毛クリームなら、そのような心配もありません。
また、ただ塗るだけなのでヒゲ剃りよりも簡単にお手入れができます。

 

一方、デメリットは使用している際に痛みを感じることがあるということです。
除毛クリームはタンパク質を分解して毛を溶かして取り除く仕組みのため、肌のタンパク質まで一緒に溶かしてしまうことがあります。
そのため、すぐに肌が荒れてしまう人には向いていません。

 

抑毛クリームのメリットは、痛みがないことです。
除毛クリームのように毛を溶かすわけではないので痛みがなく、肌を痛めてしまう恐れもありません。
また、美肌成分が含まれている製品が多いため、肌がキレイになる効果も期待できます。

 

反対にデメリットは、すぐに効果が現れるわけではないということが挙げられます。
また、長期間にわたり使い続けないと効果がないものが多く、さらに使用をやめてしまうと効果がなくなってしまうものがほとんどです。

 

効果の個人差も大きく、長く使っていてもまったく効果がない場合もあるため、すぐに顔の脱毛をしたいという人には向いていません。